THE LOOONIES’ ADVENTURE

Character © 2008TTTG


THE LOOONIES

遥か3000年の未来、ロックはまだ生きていた!!
母なる地球に還る壮大な旅。
愛を伝える“LOOONIES”の冒険物語




☆最初から読みたい方へ☆
物語のトップは→←をクリック!!


『伝説完結』


長い間ご愛読ありがとうございました。
壮大な旅の驚くべき結末をお見逃しなく!


★英語版★も登場!!
CHECK IT OUT!


■INDEX■

まとめ読みをされる方のために、目次を作りました。
お好きなページをクリック!


第1章 NO WAY OUT !
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
第2章 ドバイ〜砂上のゲート
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
第3章 オーストラリア〜巨石の惑星
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
第4章 神話の森
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

第5章 真実の泉
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

最終章 満月の審判
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
[17] [18] [19] [最終回:前編] [最終回:後編] [エピローグ]全編完結!




◆ありがとうございます!36万PV達成!!◆


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!


2009年10月13日

THE LOOONIES' ADVENTURE<エピローグ>

Story By ワダマサシ



「増える一方だった自殺者の数が、日を追う毎に劇的に減少しています!」窓辺のラモ通信士が、遠くに瞬くダウンタウンの街灯りと数字の書きこまれたカレンダーを交互に見て、嬉しそうに博士に報告する。「変化は先週末に突然起こりました。今日は今のところ自殺者ゼロ!どうやら、ドームに蔓延していた“虚無”は、決壊点寸前で未然に食い止められたようです」
「ヤツら、遂にやり遂げおった…」博士はドームの夜空を見上げ、遥か彼方の地球に向って潤んだ瞳で目礼をする。
「最期の旅立ちに際し、あの五人がロットネスト島でどんな結論を出したのか知る由もありませんが、私は全員無事に地球に帰還したと信じたい…」ラモは、書斎の隅に置いてある青い地球儀に目をやった。
「なあ、ラモ…。ペッパーがその存在を教えてくれた、未来の地球で語られていたと言う“三人の勇者の伝説”じゃが」博士は白いヒゲを蓄えたアゴを指ではさみ、思考を巡らせる表情をした。「誰が、どうして、そんなことを伝承する気になったと思う…?」
「地球の原住民の誰かが、到着した三人の勇者から話を聴き、英雄伝にまとめたのではないですか?」
「では、長い長い旅の話を伝え切る時間だけ、彼らは地球で生存していたことになるな…」
「はい…」ラモはその意図を知ろうと、博士の瞳を覗き込んだ。「…いったい、何がおっしゃりたいのですか?」
「ルーニーズの三人は、立派なヒューマンだったが、残念ながらラブ・チャイルドではなかった」博士はラモの顔を正面から見返す。「出発前にわしが検査をしたのだから間違いない。地球での寿命は、長くとも一日か二日…」
「つまり、伝え終わる前に死んでしまうと?一晩中語り続ければ、可能な気もいたしますが」ラモが反論する。
「しかし到着してすぐ、初めて出会った地球の民にそんなことを語り始めるのは、不自然だと思わないか?」
「たしかに、彼らが自分からそんなことを話し始めるような自慢好きの連中とは思えません」ラモが首を傾げた。「きっと夢にまで見たマザーアースの海を、黙って眺め続けたことでしょう。では、誰が、何のために?」
「語ったのは、三人の勇者と“旅を伴にした者”…」博士が確信に満ちた口ぶりで言った。「そうとしか思えん」
「ではコーラかワンが、英雄伝説の作者だと!?」ラモが目を丸くして言った。
「そう言うことになるな…。つまり、あの二人もその役割を果たすために地球にたどり着いたのじゃ」
「自ら語った伝説に苦しめられていたとは…」ラモが神が課した運命のめぐり合わせに驚き、天を仰ぎ唇の端にラテンユーロ族独特の苦笑いを浮かべた。「マンマ・ミーア(なんてこった)!」

「ショウグンさま…」エンゾが窓に滴る宝石のような雨粒を眺め言った。「勇者たちが旅立ってからというもの、ここも雨の降る日が多くなりましたね」
「降り注ぐ雨は大地を潤し、生命の土壌を育む。豊かな水は大河へ海とへ下る。そして、再び天に雄雄しく昇るだろう。水は血液のように循環し、この惑星を浄化するのだ」ショウグンは玉座から立ち上がった。
「風の民たちも、この気候の変化を喜んでおります。地球を起源とする生命が、この地で再び息を吹き返すかもしれませんね」
「目先の危機は去った。しかし、ここはマザーアースではないのだ」ショウグンは毅然と諭した。「新たな創造の努力を怠ってはならない」
「は、はい…」エンゾは、気が遠くなるほど遥かな時の彼方に心をめぐらせ呟いた。「あと46億年…」
「その前に、また次の勇者がここを訪れることもあるだろう…」ショウグンは言った。「危機は形を変え何度もやってくる。必ずな。我々は、それと闘う次の勇者の到着を待とうではないか」
「次の勇者…」

「婆さんや、若い衆が村に帰ってきて、こっちはすっかりご隠居気分になっちまったがに」広場の縁台に腰掛けたオージンが、作物を仕分けする若者たちのキビキビとした仕事振りを眺め、フリッグに言った。「年寄りだけの頃が懐かしい気もするから、人間というのは不思議なものだがに」
「もうわしらは隠居でいいわさ。時々巨石に素手でよじ登って、趣味の黒曜石拾いが出来ればそれで充分だわさ」
「それじゃ、ぜんぜん隠居してないがに。むしろ大活躍だがに」
「そうかね?」
「んじゃ婆さん、明日にでも、ちょっくら岩登りに行くとするか」
「いいわさ。行こ、行こ」
返事を聴くと、気の早いオージンが日向ぼっこをするアンドロイドラクダを手招きし、すぐに命じた。
「3週間ほどの予定で石探しの旅に出るがに。オメエ、荷物まとめて背中に積んでおくがに」
「ワタシハ、オメエデハナイ…」アンドロイドラクダは、早くも新しい主にタメ口をきいていた。「ワタシノナマエハ、“キャメ”。キャメチャント、オイイ!」
「あの旅人たちのお下がりだから大事に使っているが、この口のきき方には時々ムッとするだわさ」
「旅人たちがここで一緒に暮らしていた頃は、もっと丁寧な話し方をしていた気がするがに」オージンが不思議そうな顔で言った。「性格変ったがに?キャメちゃん」
「チガウ。ワタシハ、モトモト、キャメトヨバレテイタ」
「誰に?」
「ゴシュジンサマタチ。ワンガ、ナマエヲ、アタエテ、クレタ」
「へえ。じゃあ、なんでそのムッとするキャラをあの時封印していたんだわさ?」
「…ダッテ…、ワカレガ、モット、ツラク、ナルト、オモッタ、カラ…」

「ジュニア!ジュニア!」
コーラが日没の迫る中庭に出て、ギターを担いで丘を駆け上がっていく息子の背中に呼びかける。「もう暗くなるわよ!」
「大丈夫さ!」
母親の方を振り返り一度だけ大きく手を振ったジュニアは、海を望む小高い丘のテッペンにある勇者たちの眠る場所へと息を切らせ急ぐ。
栗色の長髪を潮風に千切れるほどなびかせてここにやってくるのが、少年の日課だった。それも多い日には、三回も四回も。
「お父さん、ハンマー、スカー!」ジュニアは、三角獣の角のように並ぶ白い墓石の前にギターを抱えて立つ。「聴いてよ!リフを全部マスターしたよ」
そう言うと、少年はローポジションのコードを思い切り弾き、その勢いのまま腕をグルグル回して声を限りに叫んだ。
「HERE COME THE LOOOOOONIEEEEEES !!!!」
ジュニアは高い丘の上でたった一人、かつて父親たちがドームのダウンタウンで奏でた“Looonies Anthem”をシャウトする。
「僕はロクデナシ!この世を楽しむロクデナシ!なんとかなるさと息を吸い込む、Looonies♪」
眼下の潮騒の音が、まるで大観衆の声援のように聴こえていた。

「やってる、やってる」ワンが窓を全開にして、丘の上から聴こえてくるギターリフに、手を添えた耳をそばだてる。「だいぶ上達したあるな」
「友達を集めてバンドを作るって言い出すのも、もう時間の問題ね」コーラが肩をすくめて言った。「ツアーに出たいなんて言いだしたら、どうしよう」
「行かせてあげればいいあるぞ」ワンが言った。「わたしたちも、夢を追いかけてここまでたどり着いたある」
「そう言われれば、その通りね…」
「ジュニアも、きっと同じことするある」ワンはカクカクと首を振りながら言った。「ああ、昔を思い出すあるなあ」
二人は、そのまま旅の思い出話に花を咲かせ始めていた。
「ただいま♪」
――バタン。ドアが乱暴に閉められた。
「噂をすれば影あるな。鼻歌までエースとそっくりになってきたある」
「こんにちは!ワンおじさん、来てたの?♪」
「だいぶギターがうまくなったあるじゃないか!」
「もっともっと上達して、たくさんの人に聴いてもらうのが夢なんだ♪」
「やっぱりね!そう言うと思ったわ」
エースに益々似てきたジュニアの顔を満足そうな笑顔で眺めていたコーラが、急に真顔に戻り叫ぶ。
「あ!いけない!大事なことを、何年も忘れていた!」
「大事なこと?なにあるか?」
「わたし、大切な約束を果たしていなかったわ!」コーラは突然頭を抱えて、泣きそうな顔になっていた。「なんで今まで忘れていたんだろう…」
「なに?お母さん泣きそうだよ。どうしたの?♭」

「だ、誰だ?!」
地球にいるかもしれないワンに連絡を取ろうと意識を集中していたラモ通信士に、誰かが突然呼びかけてきた。
(もしもし、聴こえますか…)
「大変です!見知らぬ誰かが、急に私に呼びかけてきました」ラモは、すぐにソファーで仮眠していた博士を揺り起こす。
「ど、どこからだね?!」
博士は跳ね起きて、ラモの正面の椅子に座った。
「おそらく地球からだと思われます」
「地球!?ワンくんか?」
「いいえ…」ラモは首を横に振ると、再び通信に集中した。「も、もしもし、こちらは惑星ユーラシア、ニュー・シブヤ・ドームのラモージロ通信士。キミはいったい誰なんだい?」
(ぼくは、ジュニア。エース・ジュニアです)
「エ、エース・ジュニア…!ま、まさか!」
(ラモさん。あなた、お父さんのお友達なんでしょ?)
「キ、キミは、まさかエースの?」
(はい、息子です。今年15歳になります♪)
「鼻歌…!?たたた、大変です、博士、多分あなたのひ孫さんからです!!」
「なんだと!?」博士は渡されたメモを見て、ほとんど卒倒しそうなポーズをガチンコでとっていた。「本当に母親はコーラなのか!?訊いてくれ!」
「お母さんは?お母さんの名前は?」
(コーラ・アシモフですけど…。それがなにか?)
「やっぱり!コーラは15年前の地球に着いたのか…。」
ラモは、それから長い時間をかけて英雄たちの最期のエピソードを詳しく聴き出し、博士に伝えた。
「それでは、いま地球に生き残っているのは、コーラとワンと、エースの息子の三人というわけか…」博士はハンカチで目じりを拭い放心していた。
「ところでジュニア、なぜ突然連絡を?」
(おかあさんから、伝言を頼まれて…)
「なんでキミが?ワンに頼めばいいのに」
(ワンさんはマウイの女性と結婚して、ただの駄々コネおじさんになっちゃいましたから…)
「すでに通信能力を失ってしまったというわけか…。しかしなぜ初心者のキミが、こんなにクリアに通信できるんだ?」
(こっちが訊きたいです。みんな、なんで出来ないのかと…)
「参ったな…」突然の高性能ミュータントの登場に、ラモの方がうろたえる。「で、お母さんの伝言というのは?」
(母はそそっかしくて、ある人との大切な約束を忘れていたようなんです…)
「言ってごらん…」ラモは再びペンを握りメモをとり始めた。「なにをすればいい?」

ニュー・シブヤ・ドームのダウンタウンのマルキューの前に、インセックの中央指令本部がある。
その玄関前に、突然立派な記念碑が建てられた。
それは、英雄的追跡の果てに職務を全うし僻地で殉職した二人の追跡官の勇気を永遠に讃える等身大の銅像だった。
――デコ追跡官とボコ追跡官:「どこまでも追い続ける二人の英雄の像」
中央政府の強権の象徴であるインセックの施設の前に建っているにもかかわらず、このモニュメントにはなぜか毎日多くのヒューマン達が祈りを捧げに訪れる。
その本当の理由を知る二人の男が、感慨深い表情で像を見上げていた。
「これが、勇者たちを地球へと導いた二人の使者か…」ラモ通信士がポツリと言った。
「ルーニーズを追いかけてここの玄関を飛び出した名も無き追跡官が、未来の英雄伝説の重要な登場人物になるとは…」アシモフ博士は腕を組み考え込んだ。「神様も本当に不思議な物語を思いつかれたたものだ…。職務を全うしたことを上司に報告できて、彼らもさぞかし喜んでいることだろう」
「博士、そろそろ日が暮れます」ヒゲ面の伊達男がウインクをして誘った。「ヒューマンの仲間たちが集まるいい秘密バーがこのすぐ近くにあるんですが…」
「BARエンジェル・ハンズのことかな?」
「はい、よくご存知で…」ラモがアゴ鬚を擦り上げて空を見上げた。「あのバーは、もはやヒューマン達の隠れた聖地になりましたよ」
「今宵は、あのルーニーズ達が遺した名曲の数々を端から聴きながら、勇者たちの想い出に浸るとするか」
「ロックがマザーアースで生まれて3000年以上経ちますが、その魂はあの三人組の心にしっかりと生き続けていたんですね。それが、世界を破滅から救うとは…」
「そしてそのスピリットは、ジュニアへとしっかり受け継がれたようじゃな…」
うなずきあった二人は銅像に小さく敬礼すると、並んで路地裏に入っていった。


【THE END】


『完結記念の応援投票』をぜひ!
この小説はランキングに参加しています。
気に入った方は、
ぜひ下の“2つの”バナーをクリックして応援投票を!!
同時に現在のランキングも確認できます。
▼▼▼

にほんブログ村 小説ブログ 冒険小説へ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

☆長い間ご愛読ありがとうございました。


Looonies Anthem

★携帯用目次ページはこちら★ 
お好きなページに移動できます!

「HEART×BEAT」の他のステージもぜひ訪問して
仲間達の素敵なストーリーをゆっくりとお楽しみ下さい。(エース)




ワダマサシ(本名:和田将志)
「HEART×BEAT]事務局発起人。
東京都出身、慶應義塾大学商学部卒。
ビクター・エンタテインメント、ソニー・ミュージックで
長く音楽制作業務に携わる。
2004年シンク・アンド・リンク(株)設立。
2007年逢谷人(おうや・じん)のペンネームで
処女作にして700枚超の長編小説「エンジェル・ハンズ」執筆。
ブログ村サスペンス小説ランキングで1位に。
同年、続編の「ファイアー・ウォール」完成。
同時にソニーミュージックとシリーズの原作契約締結。
2008年秋、三部作最後の「タイム・キラー」完成。
現在、映画化へ企画進行中。



posted by THE LOOONIES' ADVENTURE at 00:07| Comment(0) | THE LOOONIES ADVENTURE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。